カテゴリー別アーカイブ: ダイアリー

息子の引越し Part2

11月16日(土)息子の引越しの手伝いに横浜市に向かいました。

お天気は正に引越し日和。

高速道路からは雄大な富士の姿を見ることができました。

息子は昨年の4月に晴れて社会人の仲間入りをしましたが、今年4月から勤務する部署が移動になり、いまの住まいから勤務先が遠くなってしまったため東京に引越しすることに。

 

東京湾アクアラインを走って、引越し先にGO!

 

 

 

 

 

 

 

 

新居に荷物を搬入した後、久しぶりに夫と息子の3人で会食しました。

東京の街は11月になるとどこもクリスマスイルミネーションできれいです。

社会人になって1年8ヶ月、都会での生活にも慣れ夕食をご馳走してくれた息子の姿は一回り大きく、頼もしく感じられました。

正倉院展

11月12日(火)バスティン3Dリトミックセミナーの帰り、東京国立博物館で開催中の正倉院の世界展を見てきました。

上野駅の改札口を出ると、上野周辺はたくさんの美術館、博物館が集まる

芸術の街

 

 

 

 

 

チケット売り場で入場券を買い、博物館の入口に進むと、平日にも関わらず長蛇の列。

その最後尾につくと、なんと70分待ちの札が・・

 

 

 

 

 

 

 

 

列について数分後、券売機で購入したチケットがない!ことに気がついた私

バック、ポケットどこを探しても見つかりません💢

ガーン❗😨

このまま70分の列についていても入場できないことになるので、列の近くにいたスタッフの方を何とか捕まえて「チケットをなくしてしまった」ことを話しました。

すると、「列から一旦抜けてインフォメーションに行って事情を話してください。」とのこと。

列の近くで並んでいた女性の方が「見つかったら戻ってくればここに入れてあげるから」と言葉をかけてくださいました。

インフォメーションに行って事情を説明すると、スタッフの方が私の歩いた道をたどってチケットを探しに行ってくれたのですが見つかりませんでした。

すると、「これで入場してください」と言って半券を手渡してくれました。

チケットが見つからなかったらもう帰るしかないか・・と諦めていたところでしたが、お陰様で正倉院の秘宝を見ることができました!

スタッフのみなさん、親切に対応してくださり本当にありがとうございました。

失敗談ではありますが、列の近くで並んでいた声をかけくれた女性の方など大都会の東京で古き良き日本人の人情に触れた出来事でした😊

↓ いただいた半券

 

ちびまる子ちゃんの電車

11月8日(金)97歳で大往生したおばの葬儀に清水まで行きました。

生前にはとても親切にしていただいたこと、感謝の心を込めて祭壇に手を合わせ、お別れしました。

清水からの帰り、ホームに向かってきたのは一度乗ってみたいと思っていたちびまる子ちゃんの電車!

この電車に出会えたのもおばさんのお蔭ですね。

おばさん、ありがとうございました。

電車の車内のドアにもちびまる子ちゃん。

車内アナウンスもちびまる子ちゃんでした😊

 

 

第2回 3Dリトミック指導法

10月8日(火)バスティン 3Dリトミック指導法セミナーに参加しました。

3D指導法は、リトミックの3要素であるリズム、ソルフェージュ、即興をレベルに合わせて学ぶメソッドのこと、と第一回の時に教えていただきました。

第二回目では音の上がり下がり、強い弱い、長い短い を日常のレッスンでリトミックを取り入れてどのように指導したらわかりやすく、楽しいレッスンができるかなど、実際に動いて体感しました。

体がスムーズに動く、楽しいと感じるためにはピアノの即興演奏がとても重要なのです。

大城依子先生のピアノ演奏に合わせて体を動かしていると、とても気持ちが良く楽しく自然に笑顔になります。

大城依子先生の即興演奏、素晴らしい!と思います。

 

帰りに東京駅のステーションミュージアムで只々開催中の岸田劉生展を見てきました。

キャラクター街では昨年は売り切れだったチコちゃんグッズを見つけました!

生徒のみなさんが喜びそうなシールも見つけましたヨ😊

 

「バッハのいろは」セミナー

10月1日(火)赤松林太郎先生によるバッハのいろはセミナーがもちづき楽器店にて開催され、参加しました。

バッハのセミナーで好評の赤松林太郎先生が静岡にお見えになると知りとても楽しみにしていました。

セミナーは2回シリーズ。内容は舞曲と対位法を2つの柱にして今回の第一回は舞曲を中心にお話くださいました。

舞曲は  allemande(アルマンド)courante(クーラント)sarabande(サラバンド)menuet(メヌエット)gigue(ジーグ)

などがあり、それぞれの舞曲がどこの国から由来されているか、語源や歴史的背景また、その舞曲の踊り方によって奏法も違ってくること。

メヌエットはフランスから来ており、ルイ14世が踊りが大変好きで宮中には王様専属の振り付け師がおり、ご自分のメタボのための体操や宮中の晩餐会で踊るための曲であったこと。

そのためメヌエットは飛び跳ねるような踊りではなく、王侯貴族の優雅な曲、

あの有名なト調のメヌエット、レソラシドレッソッソッのスタッカートは歯切れよく演奏しないことを知りました。

また必ず繰り返しがあるのは1回目は装飾音符を入れずに演奏し2回目に装飾音符を入れて演奏、その時繰り返しの2回目は即興で装飾音符を入れて演奏者はセンスを磨いたことなど。

これはお話くださった内容のごくごく一部です。時には楽しいジョークくも交えてとても内容の濃いあっという間の2時間でした。

今までバッハはお勉強の曲、左手が難しいイメージがありましたが、赤松先生の楽しいトークにより、知らないことが多すぎたバッハのことをもっともっと知りたくなりました!


当日、会場にバッハインベンションのやさしい解説本と三声シンフォニアをわかりやすく読み解いたのテキストを販売していたので思わず購入しました。

♪宇治田先生と行く蓼科みずならホール♪の旅

9月15日~16日 宇治田先生と行く蓼科みずならホールの旅に参加しました。

出発日の朝のお天気は快晴

特急ふじかわ号からは久しぶりにスッキリと晴れ渡った空に富士山の姿を見ることができ、良い旅になりそうな予感です。

甲府駅にてあずさ号に乗り換え、東京方面から乗った宇治田先生一行と合流することができ、安心しました。

15時くらいにclub蓼科アネックスに到着。

蓼科高原の空気は爽やかです!八ヶ岳連峰はあいにく雲がかかっていましたがちょっとだけ頭を見せているのは阿弥陀岳でしょうか。

翌日はいよいよみずならホールに移動し、初めは宇治田かおる先生のセミナー「曲に合わせた音色を作ろう」と演奏を拝聴し、その後生徒さんの演奏を聴きました。

 

 

 

 

 

みずならホールは緑に囲まれた大変響きの良い素敵なホールでしたよ。

木々のざわめきが聞こてきそうな大きな窓を背景に演奏することは長年の夢でもありました。

演奏した曲は吉松隆作曲 プレイアデス舞曲集より

西に向かう舞曲 夕暮れのアラベスク

ずっと前から一度弾いてみたいと思っていた曲なので、みずならホールの響きにピッタリの選曲と宇治田先生からもいっていただき、

演奏できたこてと 本当に幸せでした!

 

 

 

 

 

参加された皆さまの演奏も素晴らしく、とても良い刺激をいただいた旅行でした。

今回の旅にあたり、たくさんの準備に関わってくださった皆さま、宇治田先生に深く感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

3Dリトミック指導法セミナーに参加しました

9月10日(火)巣鴨の東音ホールにて

大城依子先生によるリトミック✕バスティンメソードセミナーを受講しました。

大城依子先生のリトミックは今まで単発のレッスンを受講したことはありましたが、今回は10回シリーズ(月一回)の連続セミナー。

今月が第一回目です。

日頃バスティンのテキストでレッスンをしていて、リトミックも続けている私にとって、今回のセミナー内容をレッスンにどのように活かせるのか大変興味がありとても楽しみにしていました。

大城先生にお会いするのは久しぶりでしたが、私のことを覚えていてくださっていて嬉しかったです。

第一回目、学びが多く楽しいセミナーでした。これからの内容もますます楽しみになりました!

東音ホールに来たのは昨年のバスティン夏期集中講座以来久しぶりです。

前日は台風15号が関東に上陸し交通機関がストップしていたので一日ずれていたら来られなかったことを思うと本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京は気温36度という猛暑日でしたが、天気が良いのでセミナーの帰りにスカイツリーに行ってみました。

浅草から歩いたのですが、スカイツリーは大きく見えるものの歩けど歩けど近づけず、スカイツリーは近くに見えてもなかなか側まで行くのに距離がある富士山みたいだ・・と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

スカイツリーにようやくたどり着いたときは暑さでヘロヘロでしたが、上空から眺めた景色はさすが634メートルの眺めでしたよ。

前日の台風の影響で隅田川は濁っていました。

せっかくここまで来たので展望回廊まで上がってみると、はやぶさの模型も見ることができました。

猛暑の中頑張って歩いて来てみてよかった・・セミナー+良い眺めの東京見物の一日となりました。

 

 

 

 

 

きんもくせいの会

8月30日(金)きんもくせい会のメンバーで只今開催中の熊谷守一展「いのちを見つめて」の鑑賞をしました。

きんもくせいの会は自分の子どもの育児をとおして知り合った いわゆるママ友 メンバー3人の会です。

それぞれの子どもは社会人に成長し、会話の話題も育児から介護や自分たちのこれからについてと年齢と共に変化してきました。

美術館では熊谷守一展と同時に現代アートも展示されおり

草間彌生さんなどの作品も見ることができました。

久しぶりにロダン館まで見て良い芸樹鑑賞の一日となりました。

芸樹鑑賞のあとは美術館内にあるレストランでランチをしてお話をしたり、非日常の空間のなかでゆっくりくつろげた夏の終わりの一日でした。

「考える人」迫力ありますね!

美術館のSHOPでカワイイグッズを見つけました。

夏休みの休暇

夏休みの休暇に信州の白馬までドライブに出かけました。

ドライブの途中で稲穂で描いたいだてんに出合いました。

なかなかの見ごたえでしたよ!

宿泊施設の隣にある美術館で信州星景写真展をやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信州は星空が美しいところ。

今回は星空観察ツアーに参加できなかったので

次回は参加してみたいです。

展示会場はグランドピアノも置いてあり、

こんな素敵な会場で演奏してみたいと思いました・・・

 

 

 

次の日は白馬から新潟までドライブし日本海を見てきました。

住んでいるところは太平洋に面しているところなので、日本海を見られることはめったにありません。機会があれば一度日本海の海にも潜ってみたいです。

ちょっと波が荒い感じでした。

 

フォッサマグナミュージアムでは静岡から日本海まで断層があり、

2つに分断されていた日本列島が火山活動によってつながったという地球の歴史を知り、

自分の住んでいる静岡の地がどのようにしてできたかの誕生の歴史がわかり、大変勉強になりました!

 

帰りに銭形という料理屋さんで今まで食べたことのないくらい大きい大海老フライ定食をたべました。おいしかったです!

 

かこさとし絵本展に行きました

7月14日(日)只今開催中のかこさとし絵本展を見に藤枝市郷土博物館・文学館に行ってきました。

藤枝市郷土博物館は蓮華寺池公園内にあります。

かこさとし氏は2018年5月(92歳)に亡くなられる直前まで絵本の製作に熱心に取り組まれていたようでその死がとても惜しまれます。

だるまちゃんシリーズやカラスのパンやさんシリーズはわが子が幼児だった頃よく読んだ本だったので本当に懐かしく拝見しました。

本日その原画を直接見ることができ、本当に素晴らしく感激でした!

 

 

 

 

 

売店で見つけたかわいいパズル。パズルが好きな生徒さんが喜びそうです。

蓮華寺池には蓮のお花が小雨に濡れ瑞々しく揺れていて・・・素敵。

帰り道、郷土博物館で知った田中城下屋敷に寄ったろころ、とても風情があるお庭でした。